深夜労働の割増率の考え方

深夜労働の割増率の計算方法がわからない



こういったご質問をいただく事があります。

わかりやすく、
 ・月給170,000円
 ・月あたり170時間働く契約
 ・勤務時間は8時~17時、休憩1時間の8時間労働

として、例示していきます。

時間外労働25%の計算について

たとえば17~18時に残業した場合、契約時間の8時~17時の枠を超えている、また、労働基準法で定める1日の労働時間の上限8時間を超えるため、手当の支払いが必要です。

1時間あたりの時給換算額は 170,000円÷170時間=1000円なので、1000円+1000円の25%、すなわち1250円を手当として支払わなければなりません

深夜労働25%の計算について

深夜割増というのは、22時~翌5時までの時間帯に働かせた場合に必要となる手当です。たとえば、勤務の時間帯が18時~24時であれば6時間労働ですが、22時~24時の間については深夜割増が必要です
この日の賃金計算は、1000×6時間 + 1000円の25%×2時間 となります。

時間外労働が深夜まで長引いた場合

仮に8時間を超える時間外労働中に、深夜の時間帯にまで長引いてしまったら、1000円+1000円の25%+25%→150%の割増賃金の支払いが必要です。

ややこしいので、計算を間違っているのではないか…と心配になりますよね

労務でお困りの際は
労務相談をご活用ください

アドバイザリー

10,000円/1時間

※訪問もしくはzoomによる面談

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

share
  • URL Copied!